乗合馬車』(ヘンリー・キング)@フィルムセンター
 大傑作。なんか全部ありましたよ全部。アメリカ映画て字幕読めんでも何起きてるか絶対分かるから凄い。前もなんかで言ったなそれ。

『マックスと犬』(マックス・ランデー)@フィルムセンター
『マックスの快癒』(マックス・ランデー)@フィルムセンター
『燈台守』(ジャン・グレミヨン)@フィルムセンター
『不壊の白珠』(清水宏)@フィルムセンター
 『燈台守』サイレントのカメラ位置でトーキーの演出。凄い。ロケーションの土着感とあの世感。あまりにもぶっ飛んでてポカーンと観てしまったので二回目の上映も行く。清水宏は寝た。

バード★シット』(ロバート・アルトマン)@新宿武蔵野館
『シヴィリゼーション』(トーマス・H・インス)@フィルムセンター
 十年後、『バード★シット』と田中羊一監督の新作二本立てという気の効いた企画が行なわれる事を強く願います。『シヴィリゼーション』は九割寝た。ラストカットが『あの彼らの出会い』の最初のシチュエーションの正面打ちみたいだったが、まぁ、そんな事は絶対ないだろう。眠かったし。

『真夜中の羊』(ヤング・ポール)@ユーロスペース
 再見。前回は後半ウトウトしてしまったが今回は完全鑑賞。やっぱ面白いのだが面白さに逃げてる。監督のやりたい事はきっともっと違った事だったはずだ。もっとシンプルな事だったのではないか。改めてポール君が『オグンのお守り』観たら感動しただろうにとつくづく思う。

『女郎蜘蛛』(ジャック・フェデー)@フィルムセンター
 六割寝た。普通。仕事の合間の休みに三時間の白黒無声映画観るのは過酷。

『ザ・バトル・オブ・チャイナ』(フランク・キャプラ)@アテネ・フランセ文化センター
 だいたい寝た。ここで無料で観れる→http://www.archive.org/details/BattleOfChina